ニュース

RPAを利用した『有給管理ロボット』をリリース

2019年03月28日

RPAを利用した有給管理ロボットをリリース

2019年4月施行の年次有給休暇の時季指定の義務化に伴う関連業務の一切を自動化
ロボット対応により人事担当者の業務負荷を低減

RPA(Robotic Process Automation)導入サービスにより企業の業務効率化を支援する株式会社ノムラシステムコーポレーション(東京都渋谷区、代表取締役:野村芳光)は、労働法や社会保険関連の法律のプロフェッショナルであるブレイン社会保険労務士法人(東京都千代田区、代表社員:北村庄吾)とともに、2019年4月より施行される「働き方改革関連法」に対応した『有給管理ロボット』の提供を開始します。

2019年4月1日より、事業主に「一定日数の年次有給休暇の確実な取得」などが新たに義務づけられた「働き方改革関連法」が施行されます。
これにより、全ての事業主は従業員の有給休暇取得状況を管理する体制が必要になります。

しかし、現状は、数多くの勤怠管理システムがあるものの、従業員の有給休暇管理に特化したサービスも少ないことから、ブレイン社会保険労務士法人の監修のもと、次の特徴をもつ『有給管理ロボット』を2019年4月から提供を開始いたします。

『有給管理ロボット』であれば、

  • 今お使いの勤怠管理システムのまま利用可能です
  • 特別な設定、新たなソフトウェアやハードウェアの購入は不要です
  • ロボットが有給休暇を管理するため、人事担当者様の業務負荷が増えることはございません

『有給管理ロボット』は、人事担当者様に代わって、正社員、パートやアルバイトに関わらず、一人一人に対する、

  • 有給休暇申請状況・取得日数・残日数の一覧表示
  • 有給休暇取得促進メール通知
  • 年次有給休暇管理簿の作成・保存

といった、新たな法令義務を遵守するための業務を全て自動で対応します。

『有給管理ロボット』が自動で対応するため、忘れることなく、間違えることなく、簡単に、確実に有給休暇管理を実施することが可能になります。

■監修:ブレイン社会保険労務士法人

ブレイン社会保険労務士法人は、マスコミでも大活躍の「年金博士」北村庄吾が率いる、企業経営の3要素の一つ「人」に関する問題を、ワンストップで解決する労働法や社会保険関連の法律のプロフェッショナルファームです。
また、人事労務関連のアドバイスにはじまり、年金問題への提言など、常に専門性の高い情報を発信しています。

  • 名称:ブレイン社会保険労務士法人
  • 設立:平成9年
  • 代表者:代表社員 北村 庄吾
  • 所在地:東京都千代田区神田猿楽町2丁目7番1号 TOHYUビル2階
  • 電話:03-5244-5700
  • URL:https://www.brainsr.com/

■会社概要

  • 名称:株式会社ノムラシステムコーポレーション
  • 設立:1986年2月
  • 代表者:代表取締役 野村 芳光
  • 所在地:東京都渋谷区恵比寿1-3-1 朝日生命恵比寿ビル7F
  • 電話:03-5793-3330
  • URL:https://www.nomura-system.co.jp/

有給管理ロボットについてのお問合せ、資料請求、お申込みは当社ホームページからお願いいたします。

☆当社ホームページの場合

https://www.nomura-system.co.jp/yukyu-robo-entry/
からご連絡ください。